大麻って聞いて、あなたは何を思う?

新しいモノに触れる、自分の知らない世界に足を踏み入れる

「みんなのコラム」では一般の方から寄稿を募っています。それぞれの捉え方をフィルターを通すことなく、ありのままにお伝えします。寄稿は記事のすぐ下より、だれでもお送りいただけます。

2019.07.13
written by Akiyo Arakawa

私、旅行が好きなんですよ。
旅行先で綺麗な景色見るとか、地域の美味しいモノを食べるとか。
地域のお祭りに参加したり、地元の人と話したり。

新しいモノに触れる。
自分の知らない世界に足を踏み入れる。

こういう時に、なんか良いな。ワクワクするなって思うんです。

それで、最近気がついたことがあって。

新しいモノや知らない世界に足を踏み入れることって、お金や時間がかかるって思っていたんです。

でも、それって自分の意識を変えるだけで、けっこう簡単にいつもの暮らしの中で取り入れられるんじゃないかなって。

例えば、私は一人暮らしをしていて、スーパーに行った時につい同じものをいつも買うクセがあるんです。でも、それを最近意識して変えてみていて…

例えば、パスタソース。

いつも、お気に入りのカルボナーラか明太子を選んでしまうんですよ。他にも色々な種類があるにも関わらず。

でも、ここで敢えて、「よく知らないけれど、ちょっと気になる味」を選んでみるようにしました。

それが美味しかったら嬉しいし、もしあんまり美味しくなくてもそれはそれでなんか面白いですよね。どっちの場合でも、「今日こんなの食べてみたんだけどさ…」って、誰かに伝えるのが嬉しいんですよね笑。

これって、すごく小さいですが、新しいモノに触れる、知らない世界に足を踏み入れることなのかなって思っていて、旅行で感じるあの良さ、ワクワクの小さい版かなって思います。

大人になると、初めての経験とか体験ってどんどん減っていきますよね。
だからこそ、初めてのモノや知らない世界に触れる機会を意識的に作っていけたらなって。

まずは、日常の小さな選択の仕方から意識的に変えてみようと思います。

で、そんな時に
「大麻って聞いて、あなたは何を思う?」
という問いに出会いました。

私は、大麻に対してプラスなイメージはそんなに持ってはいませんでした。むしろマイナスなイメージがあります。法律で禁止されているし、大麻関連で逮捕されている人のニュースを耳にするような気がします。

アメリカに留学していた時は、街でたまにマリファナの匂いがしました。臭いですね。
街にあるマリファナのお店は窓が無くて、なんとなく近寄りがたい雰囲気。

でも、大麻とマリファナが同じものということを知ったのはついこの間です。

大麻について、何がどう悪いのか、そもそも大麻ってなんなのか、法律がどうなっているかとか、実は全然知らない。

そう気が付いたときに「あっ」。
これは小さな選択だなと思って、せっかくだから少しこのメディアを見てみることにしました。

そうしたら、なんか、ちょっと面白いかもって思う記事がありました。
大麻が建材や布など素材としても使えるという記事とかを見て、あ、こんな使い方もあるんだと思いました。

大麻=「なんか良くないモノ」 みたいなイメージは持っていたけれど、大麻について全然何も知らなかったんですよね。

大麻に限らず、実は意識せずに排除してしまっていることってたくさんありませんか?

私は「旅気分」を味わうためにも、無意識にしてしまっている排除を減らせたらなって思います。だから、大麻に対しても、合法の範囲内で新しいモノに触れたり知らない世界に足を踏み入れたりしてみるの、なんか良いんじゃないかなって思います。


この記事は HEMP Magazines Japan のオリジナルコンテンツです。

この記事を書いた人

荒川 暁世

名古屋生まれで大学から東京デビュー。1年間オレゴン州ポートランドに行っていました。将来の夢はごきげんでいることです。最近は、Nippon Taberu Times(リンク右)というWebメディアのライターをしています。好きなことは、遊びと考え事です。好きな遊びは旅行と音楽、お祭、映画、観劇、読者、ボードゲーム 、スポーツ、DIY、美術館巡り、落語。お気に入りの考え事スポットはお散歩の道中、友達とのご飯や飲み会、大学の講義、ベッドの中、お風呂です。ヘンテコリンな人間ですが、毎日楽しく過ごしています!


あなたの意見も載せませんか?