ヨーロッパ

The Hemp Company:サステイナブルな未来のためになぜヘンプなのか

The Hemp Companyはアイルランドをリードするヘンプのエキスパートであり、20年間ヘンプの利点を支持している。 明らかになってきているのは、彼らが確かに非常に重要な発言をしているということである。

2019.06.27
The Hemp Company: Why Hemp Is The Plant For A Sustainable Future
written by
The Hot Press Newsdesk

ヘンプは環境にプラスの影響を与え、再生不能資源への依存を減らす大きな可能性を秘めている。 ヘンプは完全に環境にやさしい材料であることが研究により示されており、再生可能であり土壌にとっても良いものである。 普通の綿などの他の作物ほど多くの水(ますます貴重になっている)を必要としないし、 農薬は少なくて済むし、 そして大気中から二酸化炭素を除去することにさえ優れている。 それは持続可能性において、次に注目されることかもしれない。

1999年にジム・マクドナルド氏によって設立されたダブリンのThe Hemp Companyは、ダブリンと世界の両方で、ヘンプコミュニティリーダーになった。 ヘンプ由来の製品の販売のパイオニアである彼らは、高品質のCBDオイルに加えて、食品や衣料品からヘンプを使った化粧品やアクセサリーまで、あらゆるものを取り揃えている。

また、彼らはヘンプが環境に与える有益な影響についての認知を積極的に推進している。 ヘンプを栽培することは、農業や建築から製品開発まで、そしてすべての産業分野において、アイルランド経済にとって大きな利益になる可能性があるとジムは指摘している。 現在持続不可能な材料から作られている少なくとも5万個の日用品は、ヘンプの代替品と交換することができる。 大麻の成長と耕作はまた、雇用機会と農村地域の再生の機会を生み出す。 ヘンプは栄養価が高く、タンパク質が豊富な食品であるため、人々の健康にも多くの積極的な用途がある。

ダブリン中心部のCapel Street 167、Hot PressのオフィスからすぐのThe Hemp Companyは、世界で最も象徴的なヘンプのお店の1つとなっている。 彼らのビジネスの多くは繰り返されているか、紹介を通しておこなわれており、彼らと一般の人々の間に構築された自信と信頼を示している。 それらはまた、植物の歴史を展示する魅力的なヘンプの博物館だけでなく、階下には食用の植物由来のグッズの数を提供するヘンプキッチンがある。 ダブリンを訪れているのであれば、見逃せない。

もっと詳しく知りたい方はCapel Street 167へ行くか、ウェブサイトへ。


この記事は Hot Press の記事を翻訳しています。