アメリカ

ヘンプシードから作られるヘンプフという豆腐

2019.06.27
Hempfu Tofu Is Made Entirely Out of Hemp Seeds
written by
Livekindly

ヘンプ豆腐は「ヘンプフ」と言われる。

(好きな人も嫌いな人もいるが)豆腐は長い間植物をベースとした食生活に用いられてきた。栄養価が高く、タンパク質が豊富で、頻繁に食べることによってコレステロール値を下げることができうるといくつかの研究結果が出ている。また豆腐は多用途であり、ブリトーからパスタ、カレー、そしてサラダまで、様々な料理に加えることができる。

しかし、多くの人はこの小さな白い大豆からできた塊には精通しているが、ほとんどの人はヘンプ由来の豆腐「ヘンプフ」のことを知らない。

ヘンプ豆腐とは?

ヘンプ豆腐は、原料が大豆ではないこと以外、伝統的な豆腐と似た方法で作られる。また、名前の通り、豆腐の加工技術を用いて完全にヘンプからできている。食感はテンペと豆腐の間である、とレシピブログのThe Spruce Eatsは説明している。 また、ヘンプ豆腐は非GMO(遺伝子組み換え作物)であり、オーガニックで、栄養素とタンパク質が詰まっており、大豆アレルギーのある人に適している。

Hudson River Foodsはビーガンのヘンプ由来の豆腐を提供している。

そのブログは以下のように述べている。
「これはビーガンにとって、栄養酵母とTofurky(トーファーキー:ターキーに似せた豆腐由来の肉)以来、とても偉大なギフトである。私はヘンプ豆腐の話をしている。素晴らしいんだ。私たちはみんなヘンプが大好きで、豆腐が大好きなんだ。ヘンプ豆腐?なめらかで、ふわふわだよ」

一般的な豆腐のように「ヘンプフ」は多くのレシピに使うことができ、さまざまな異なる種類の風味がある。しかし大豆由来の豆腐とは異なる点もある。

「きっと慣れない人にとっては、非常にもろく砕けやすく感じるだろう。あまり風味を吸収しないため、調理したあと追加のソースを添えるようにしてほしい。それ自体で味は普通の豆腐と似ているが、同じでもない。私の意見だが、それほど素晴らしいことでもなければ、それほど悪いことでもない」とThe Spruce Eatsは言う。 

The Spruce Eatsによると、その砕けやすい性質は豆腐のスクランブルに特に適しているという。

「ヘンプフ」をふらっと手早く作れないあなたのために、Hudson River Foodsは、タンパク質を含んだアレルギーフリーのTempt Hemp Tofuという形で、「植物性の食事に最適な製品」を作り出した。

プレーン、チミチュリ、チリライム、チョリソーの各種類のTempt Hemp Tofuは、Hudson River Foodsから直接購入することはできないが、北米各地のさまざまな健康食品販売店から購入することができる。


この記事は Livekindly の記事を翻訳しています。