産業用大麻

オレゴンの加工業者は州内の生産量についていけるのか?

2019.07.11
Can Oregon Processors Keep Up With Oregon Hemp?
written by Jeanette Schuster from Tonkon Torp LLP

オレゴン州で次に豊作となる作物は、レクリエーションや医療用に栽培されているマリファナのいとこで、THCをほぼ含まない産業用大麻になる可能性がある(産業用大麻とマリファナは大麻草という植物の異なる品種である)。 2019年の種まきシーズンが本格的に始まり、オレゴン州の農家は今年、約5万エーカーのヘンプを栽培する登録をした。これは昨年の11,754エーカーを超える大幅な増加であり、今年の秋に最低でも20億ドル規模になるかもしれない。それは2017年のオレゴン州の最も価値の高い農業カテゴリーであるグリーンハウスと苗床の2倍以上の数字である。

ヘンプは、オレゴン州南西部のジャクソン郡とジョセフィン郡がリストの上位を占めるが、オレゴン州の36郡のほぼすべての郡で栽培されている。

すべてのこのヘンプから生じる主な製品は、カンナビジオールまたは「CBD」と呼ばれる抽出物だ。CBDによる治癒が賞賛されない病気を見つけるのは難しく、また、いくつかの統計がCBDは30,000以上の製品で使用されていると示しているように、まるで現代の不思議な薬である。ヘンプからできる繊維もまた、主に衣料品や建築資材として使用することができる。

しかし、CBDをヘンプから抽出するにはより高い加工生産力が必要であり、オレゴン州のヘンプ加工業者が、この作物の拡大し続ける需要に追いつくことができるかどうかは不明である。十分な加工業者がいない状態では、最終的にはピンチポイントが発生する可能性がある。

オレゴン州の加工業者は拡大しているが、州内だけにとどまっているわけではない。例えば、THCの含まれないヘンプ抽出物の製造を専門とするオレゴン州の加工業者であるSocati社は最近、モンタナ州のミズーリ空港近くに22,000平方フィートもある施設を持ち、消費財の化合を専門とする大規模な製造会社であるBlue Marble Biomaterials社買収した。。Socati社は、Blue Marble Biomaterials社の施設の生産能力を、1日当たり10トンのヘンプを生産できる規模まで拡大する予定だ。産業用大麻はマリファナのように州間輸送を制限されていないため、オレゴン州はヘンプ生産だけでなくヘンプ抽出物製造の両方に適していると見られている。

オレゴン州の加工業者が州内での生産量に対応できるかどうかについては、まだ陪審員の意見は述べられていない。しかし市場アナリストはそれを数ヶ月待つ必要があるだろう。収穫は10月まで始まらないからだ。


この記事は JD Supra の記事を翻訳しています。